FXで重要になるチャートの見方

チャートの見方を学ぶ

 FX投資家が為替の売買で頼りにするのがチャートです。チャートとは過去の為替の値動きを、グラフで表示した物のことを言います。FX業者などで口座を開設したときや、FX専門の知識サイトなどで実際に目にしたことがあると思います。
FXでは刻々と通貨の値が動きます、そして数字だけ見ていては、相場の流れやトレンドといった物を見逃してしまいます。また、トレンドについて未来予測をする場合にもチャートは売買の参考にすることが出来るのです。

 チャートには証券会社やFX業者によって、様々な種類のものがありますが、もっとも一般的なものが「ロウソク足」と呼ばれるチャートになります。
このロウソク足はその名の通り、ロウソクの形を使ってチャートを表したものです。ロウソク足の形から一日の始値、終値、高値と安値といった4つの情報を読み取ることが出来ます。

 ロウソク足には2つの種類が存在し、この2つは陽線と陰線と呼ばれチャート内では2色で分かれて表されています。そして陽線とは始値よりも終値のほうが高かった場合のロウソクを言い、陰線は始値よりも終値が安かった場合に使われるロウソク足なのです。また、ロウソク足には上下に線が付いており、この線のことをヒゲと呼んでいます。

 今紹介をしたロウソク足の形や、色、ロウソク足同士を結んだ補助線から、今後の値動きを予想することが出来ます。FXの為替取引ではチャートを読みそこから売買をおこないますが、チャートの読み方、見方を知ることが重要になります。